のフリーCGI・PHPスクリプトをキーワード、97のカテゴリから検索できます。スクリプトの登録ご利用は一切無料です。


フリー、シェアCGI・PHPスクリプトをキーワード、96のカテゴリから検索できます。

 色々なスクリプトをお探しなら当サイトで検索

  •  フリーのCGI・PHPスクリプトだけをメインに掲載。
  •  ランキングによる評価で人気のスクリプトを紹介。
  •  サンプル(ページ)の閲覧によるダウンロード前の事前評価。
  •  お気に入りスクリプトへのパーソナルリンクの作成。

 スクリプト登録のメリット

  •  フリースクリプトなら一切無料で幾つでも掲載。
  •  細かなカテゴリ(全97項目)で閲覧者に分かり易く分類。
  •  スクリプトを印象づけるサンプル(ページ)の登録が可能。
  •  ダウンロードランキングの実施による人気度の評価。

素材サイト検索
- SPECIAL THANKS -

TOPページFlashを制作して頂きました
[ バナー作成ドットコム ]

出力方法

echo print等の構文は文字を出力するものです。

文章の最後には;を記述して、コマンドの終わりを知らせます。

例えば下記のように記述します。

<html>
<body>
<title>PHPの基礎</title>

<?
    echo "こんにちは";
?>
</body>
</html>

これらがPHPの基礎の出力となります。


echoとprintの違いは下記になります。

# echo ---- 1つ以上の文字列を出力する
# print ---- 文字列を出力する


1.echoはカンマ「,」区切りで複数の文字列を指定できるのに対し、printはできません。 

	print "こんにちは","こんばんわ"; // こちらの構文はエラーが出ます。
	echo "こんにちは","こんばんわ"; // こちらが正しい構文です。


2.printは結果を返しますが、echoは返しません。 

	$output = print "こんにちは こんばんわ"; // こちらは出力されます
	$output = echo "こんにちは こんばんわ"; // こちらの構文はエラーが出ます


3.結果を返さない分、わずかにechoの方が早いです。

sozaiCLUB